二十五菩薩来迎図

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

にじゅうごぼさつらいごうのず


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

仏画で浄土教の教典に阿弥陀仏を念じ往生極楽を願ふ者に対しては、阿弥陀如来、諸菩薩と共に来つてこれを迎接すと説いたものによつて画かれたもの、具さには阿弥陀二十五菩薩来迎図といふべきである、然し、二十五菩薩より少いものもあり、又二十五菩薩の外釈迦、比丘等を加へたものもある、故に聖衆来迎図といふ方が適してゐる。

二十五菩薩来迎図と称するもの、恵心僧都筆高野山蔵の外、近江新知恩院、京都知恩院、近江安楽律院、岡山の遍明院、奈良興福寺蔵外になほ数点あり。

しょうじゅらいごう「聖衆来迎」を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)