並本宗輔

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

なみきそうすけ


総合


歌舞伎

浄瑠璃作者。通称松屋宗助。 元禄八年(1695)大阪の生まれ。はじめ豊竹座にいたが、のち竹本座に移り並木千柳と称して合作ではあるが、「菅原伝授手習鑑」「義経千本桜」「仮名手本忠臣蔵」など不朽の名作を書き、人形遣いの名手吉田文三郎とともに操人形劇全盛時代をつくりあげた。晩年、豊竹座に戻り、宝暦元年(1751)に没した。