薬師三尊

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

やくしさんぞん


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

薬師三尊とは、薬師如来を中心に脇士として日光菩薩月光菩薩の立てるもの、古木絵画彫刻にも多く、その代表的のものが薬師寺の薬師三尊仏であり、東京帝室博物館には足利時代の古画があり、近江観音寺にも国宝一点を蔵してゐる。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)