素網

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

すあみ


総合


歌舞伎

衣裳の名称。網でできたシャツのような襦袢で、鎖帷巾(くさりかたびら)を着ているようにみせたもの。 武勇を主とする四天や武士などが、、着附の下に着る。「本朝廿四孝」の白須賀六郎、「伽羅先代萩」の刃傷の仁木弾正、「馬盥」の愛宕山の光秀など。