生写朝顔日記

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

しょううつしあさがおにっき


 秋月弓之助の娘深雪は宇治で蛍狩りをしている際阿曽次郎と出会い見初めるが、二人はそのまま別れ別れになる。

その後、国へ帰らなければならなくなった秋月家が明石で風をまっている時、同行していた深雪と鎌倉へ赴任する途中だった阿曽次郎は偶然にも出会う。

深雪はついていきたいと懇願するが、折しもの風で船が出港する事になり、二人は再び離れる事になってしまう。

そこで深雪はせめてと阿曽次郎に朝顔の歌を書いた扇を渡しておく。

 その後、年頃であった深雪に父から縁談が言い渡される。

その相手とは「駒沢次郎左衛門」といい、阿曽次郎が改名してその名になったのであるが、その事を深雪が知るはずもなく、

縁談を拒んだ深雪は出奔し、涙のあまり盲目になってしまう。その日から深雪は盲目ながら琴を弾きつつ流浪することとなる。

 あるとき、島田の戎屋にて二人は再び出会う。

朝顔の歌から盲目の女が深雪であると阿曽次郎は悟るが、周囲の眼から名乗り出る事が出来ず、そのまま去ってしまう。

その事実を知った深雪はその後を追って大井川までおうのだが、川が増水して渡る事が出来ない。

ここまでかと思った深雪は自害を図るが助けられ、二人はめでたく結ばれる。深雪の眼も治る。


  • 参考文献

『系統別歌舞伎戯曲解題』渥美清太

『歌舞伎事典』 下中直人 平凡社

『歌舞伎名作事典』 小宮暁子 演劇出版