朝顔の歌

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

「露のひぬ間の朝顔を 照らす日かげのつれなきに 哀れ一むら雨のはらはらと降れかし」


訳:朝露に匂う朝顔の花を太陽が照らして乾かし、萎ませてしまうのは無情です。雨よ、はらはらと降れよ、そうすれば花も萎まないでしょう。