熨斗目

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

のしめ noshime


総合


歌舞伎

衣裳。江戸時代に武士の礼服として用いられたもので、無地の絹布に腰と袖の下部にだけ縞目をあらわしたもの。 歌舞伎衣裳としては、大名その他身分の高い武士の衣裳に使用される。「仮名手本忠臣蔵」の判官など。また時代物の「絵本太功記」十段目の十次郎や「本朝廿四孝」の勝頼など、若い武士の役では美しい模様のある熨斗目を着る。