東海道五十三対

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

とうかいどうごじゅうさんつい


三代豊国国芳、初代広重の合作。 弘化4年頃成立。 板元もデザイン・内容とも統一性がなく、他の三人のシリーズものに比べると完成度が低いと言われているが、全部で62枚であり、こうした見立シリーズの中では、それなりの評判を得たものと考えられる。実際、一点一点を検証してみると、このシリーズが独自のテーマを開拓した作品もあり、再評価すべきシリーズ物といえる。


参考文献:広重・国芳・三代豊国の競作『東海道五十三對』鑑賞の手引き(平木浮世絵美術館1996.7)