岡本綺堂

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

おかもときどう


総合


歌舞伎

修禅寺物語」や「鳥辺山心中」などの戯曲や、「半七捕物帳」などの大衆小説の作家として知られている。本名は敬二。明治五年東京の生まれ。昭和十四年没。 初め新間に劇評をのせていたが、やがて二世市川左団次の為に脚本を書いた。洒脱で常識的でしかも程よい知性をもった作風であり、新歌舞伎の代表作家として、一時綺堂物全盛時代をつくり上げた。