山中宰相

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

さんちゅうさいしょう


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

五代の陶弘景が事なり、弘景、丹陽秣陵の人、齊の高帝延いて侍読となす。永明十年致仕して茅山に入り自ら華陽隠居と号す、三層楼を設けて栖止す。其身上に在り、弟子中に在り、賓客下に棲す。梁の武帝の時、人事ある毎に之に諮詢す、時人称して山中宰相という。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

とうこうけい「陶弘景」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)