大谷友右衛門

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

おおたにともえもん


総合


歌舞伎

定紋轡(くつわ)。屋号明石屋(初世山科屋)。七世まであるが、六世が最も知られる。 六世(明治十九-昭和十八年)は中村鷺助の子。五世中村歌右衛門の門弟となり、大正九年襲名。何役もよくこなし、全体の調和をとることに優れていた。 七世友右衛門は、大正九年生れで、六世の養子。先代松本幸四郎の女婿(現幸四郎の義弟)、昭和二十六年以後映画出演で問題を起したが、舞台へ復帰、同二十年九月以来関西歌舞伎の新進女形として活躍した。