切兼曽我

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

きりかねそが


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

能の曲名、曽我兄弟の幼時、まだ一万箱王と呼ばれてゐた時、頼朝は、兄弟成人の後は己れに敵意を含むものと怖れを懐き、これを殺さうと梶原景季を使者に向ける、兄弟を養ひ来つた伊東祐信も今は術なしと兄弟に因果を含ませ敷皮に据ゑる、忽ち畠山重忠助命の使者として馳せつけ二人を助けるといふ筋、シテは伊東祐信、ワキ梶原景季、子方一万箱王、ツレ祐信の従者、兄弟の母、畠山の使者、処は相模である。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)