内読み

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ないよみ


総合


歌舞伎

内密に読む意。立作者の手で新狂言がまとまると、まず座元宅(資本家たる金主(きんしゅ)の宅でも読むことがある)で読み、次に座頭宅で読んできかせる。この場合狂言の筋や内容が他座に洩れるのを警戒し、人払いであった。もし希望や訂正があれば、この時にする。