京鹿子娘道成寺

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

きょうがのこむすめどうじょうじ


総合


歌舞伎

宝暦3年(1753)3月江戸中村座初演。 「男伊達初買曽我」の三番目で初演。初代中村富十郎。藤本斗文作詞。能の「道成寺」を題材とした多くの道成寺物中の代表曲である。  紀州の道成寺では、蛇体と化し清姫によって焼き溶かされてしまった鐘の再度の建立が行なわれる。白拍子花子(実は清姫の霊)が訪れ、鐘供養を願う。女人禁制のため寺僧等が止めるが強いての所望にこれを許し、その代わりに寺僧等は舞を所望する。白拍子は舞ながら次第に鐘に近づき、遂に鐘の中に消える。僧の祈りと共に花四天が大勢で鐘を上げると、中から蛇体の鬼が現れる。しかし、押し戻しが花道から現われ、悪鬼を押し戻して幕。 白拍子の踊は、「中啓の舞」「手踊」「掬唄」「花笠踊」「くどき」「山づくし」「手踊」「鈴太鼓の踊り」と極めて変化に富む。


画題

画像(Open)

解説

東洋画題綜覧

能の道成寺より取つた江戸長唄の所作事で、道成寺所作事十数種の中、最も洽く行はるもの、その歌詞は左の通りである。 鐘に恨は数々御座る、初夜の鐘を撞く時は諸行無常と響くなり、後夜の鐘を撞く時は是生滅法と響くなり、晨鐘の響は生滅々為入相は寂滅為楽と響くなり、聞て驚く人もなし、我も後生の雲晴て、真如の月を詠め明さん、言はず語らぬ我が心、乱れし髪の乱るゝも、つれないは唯移り気な、どうでも男は悪性者、桜々と諷はれて、言うて袂のわけ二つ、勤めさへ唯うか/\と、どうでも女子は悪性者、都育は蓮葉なものだやえ、恋の別ざと武士も道具を伏編笠で、張と意気地の吉原、花の都は歌で和らぐしき島原に、勤めする身は誰と、伏見の墨染、煩悩菩薩の撞木町より、浪花四筋に通ひ木辻に、禿立から室の早咲、それがほんに色ぢや、一二三四夜露雪の日、下の関路も共に此身を、馴染重ねて仲は丸山、たゞ丸かれと、思ひ染めたが縁ぢやえ、梅とさん/\桜は何れ兄やら弟やら、わきて言はれぬ花の色へ、あやめ杜若は何れ姉やら妹やら、わきて言はれぬ花の色え、西も東もみんな見に来た花の顔、さよおえ、見れば恋ぞ増すえ、さよおへ、可愛らしさの花娘、恋の手習つひ見ならひて、誰に見しよとて紅鉄漿つきよぞ、みんな主への心中立、おゝ嬉し/\、末はかうぢやに然うなるまでは、とんと言はずにすまそゞえと、誓紙さへ偽か嘘か誠か、どうもならぬ程逢ひに来た、ふつつり恪気せまいぞ、たしなんで見ても情なや、女子には何がなる、殿御/\と気が知れぬ/\、悪性な/\気が知れぬ、恨み/\てかこち泣、露を含みし桜花、さはらば落ちなん風情なり。(下略) 道成寺の所作は優美で艶麗を極むる所からよく絵に描かれ、殊に烏帽子姿の出から、まり唄、恋の手習、花笠の段、羯鼓の段など美しい、鏑木清方、山川秀峰等に作が多い。 (『東洋画題綜覧』金井紫雲)