一番

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

いちばん。

開演一時間前ほどに聞えてくる太皷の音。「一番太鼓」ともいう。

劇場での興行がはじまったころ、劇場の入り口の上には城門の櫓をまねした「」を建てていた。芝居が開くことが決ると、その早朝(八ツ=2時頃)に櫓の上では、開演を知らせる太鼓が打たれた。一時、それは柳営とまぎらわしいからということで禁止されるが、その後に復活して、昭和期まで引継がれたものである。 正式に打つと10分近くもかかるものである。