トーク:「巳之吉殺し」

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

-「八幡祭小望月賑」あらすじ-

 江戸深川仲町で、八幡祭のとき縮売りの新助が博徒の赤間源左衛門に言いがかりをつけられて難儀しているのを、仲町芸者のお美代んい助けられる。赤間はお美代に熱心に言い寄るが、お美代には穂積新三郎という情人がいて、腕には「新」の字が彫られている。その字について詰問されお美代が当惑しているのを、新助が自分の「新」の字だと名乗ってなんとかその場はおさまった。