Report
  1. HOME
  2. 活動報告
  3. イベント情報
  4. 活動報告

活動報告

 [書込]

1 2

kabukihyobanki3_3.jpg

Collected Kabuki Hyobanki, Third Period, Volume 3: From An'ei 7 to An'ei 10

Edited by the Yakusha Hyobanki Publication Society

456 pages. ISBN: 978-4-7576-0946-4.

Published by IZUMI SHOIN, February 20, 2020.

¥16,500 (incl. tax)

Yakusha Hyobanki is a book of art reviews of Kabuki actors that has been published continuously for about 200 years from the mid-17th century and is an important resource for the study of Edo culture, including early modern theater, ukiyo-e, literature, language and publishing.

This collection, which transliterates the Yakusha Hyobanki based on a strict revision, has made a significant contribution to the progress of Kabuki research.

The third period continues to follow the principle of the second period and includes about 110 works from the An'ei era to the Kyouwa era.

The first volume, published earlier, covers the years from An'ei 2 to 4 and the second volume covers the years from An'ei 5 to 7.

_______________________________

Members of the Yakusha Hyobanki Publication Society:

Ryo Akama / Megumi Arai / Akira Ikeyama / Yoko Kaguraoka / Takaaki Kaneko / Masae Kurahashi / Yoko Kuroishi / Chie Saito / Katsura Sato / Mizuki Takusagawa / Takashi Noguchi / Kayano Mizuta / Shinya Mitsunobu

Advisors: Kyozo Takei / Mamoru Tsuchida / Bunzo Torigoe / Michio Hara / Yukio Hattori (deceased) / Hitoshi Matsuzaki (deceased)

[イベント情報]
May 22, 2020(Fri)

The "Asahi Collection Kuchi-e Database" has just been published.

This is the result of the Joint Research Project "Infrastructure Development of Digital Research Environment for Modern Woodblock-printed Kuchi-e (Frontispieces)" which was adopted by the "Digital Archive Research Center for Japanese Cultural Resources" in 2018 / 2019.

Currently, the metadata items are not displayed properly yet, but maintenance is scheduled for the near future. We apologize for any inconvenience this may cause and thank you for your understanding.

・Asahi Collection Kuchi-e Database → https://www.dh-jac.net/db/nishikie/search_tasahi.php

[イベント情報]
May 20, 2020(Wed)

With the establishment of the International Joint Digital Archiving Center for Japanese Art and Culture (ARC-iJAC) last year, the Art Research Center strives to push internationalization of research activities that transcends disciplines and geographic boundaries.
Warm greetings from Ritsumeikan University's Kinugasa Campus in Kyoto:

NEWS

Important Notice: Temporary Closure of the Art Research Center for Visitors effective from April 8 to May 31.
Due to the state emergency declaration by the Japanese government amid the coronavirus spread, the ARC will unfortunately be closed for visitors during this period of time.
Ritsumeikan University signs Research Cooperation Agreement with the UC Berkeley
On February 25, 2020, Ritsumeikan University and the University of California, Berkeley, held an event commemorating the conclusion of signing a research cooperation agreement.
For almost 15 years, a research team of the ARC has been steadily expanding their partnership with the UC Berkeley in the field of digital archiving. read more >>
Interview with Prof. Ryo Akama featured in AERA magazine
An interview with Professor Ryo Akama of the Art Research Center on his research "An Online System for Transcribing Pre-Modern Japanese Cursive Characters with AI Assistance" has been featured in AERA magazine.
FY 2020 International Joint Research Projects announced
With establishment of the International Joint Digital Archiving Center for Japanese Art and Culture (ARC-iJAC) last year, the Art Research Center is pleased to announce the International Joint Research Projects of the fiscal year 2020.
Upcoming Events

We regret to inform that all scheduled events are temporarily put on hold until further notice due to the coronavirus.
Twitter
Website

[イベント情報]
February 15, 2020(Sat)

2020年2月15日(土)、立命館大阪梅田キャンパスにて、第9回 「知識・芸術・文化情報学研究会」を開催いたします。

日時: 2020年2月15日(土) 13:00 受付開始
場所: 立命館大阪梅田キャンパス(大阪梅田駅前)→MAP
〒530-0018 大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル5階・14階
主催: 知識・芸術・文化情報学研究会
共催: 情報知識学会関西部会
アート・ドキュメンテーション学会関西地区部会
協力: 立命館大学アート・リサーチセンター 文部科学省 国際共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」

情報知識学会


参加申し込み方法
2020年2月10日(月)までに、氏名・所属を明記の上、kacimeeting+2020(at)gmail.com 宛に電子メールでお申し込みください。 ((at) を @ に変えてください)
参加費は無料です。
研究発表会後に懇親会(有料)を予定しています。大学や分野の枠を超えた交流の場にしたいと思いますので、あわせてご参加ください。(会場・会費等は、決まり次第ご案内します)

プログラム: →発表要旨
13:00 受付開始
13:30 開会挨拶
13:35 発表1
「写経型学習に基づくC言語学習支援インタフェースの構築」
小高 真太郎(和歌山大学大学院システム工学研究科)
14:00 発表2
「情報リテラシーを対象としたテストの実施と調査」
野﨑 崇弘(和歌山大学大学院システム工学研究科)
14:25 休憩
14:40 発表3
「日本伝統音楽のデジタルアーカイブのための紙腔琴シンセサイザの開発」
福森 隆寛(立命館大学 情報理工学部)
15:05 発表4
「インターネットアートのアーカイブ化における課題―参加型アートの議論から」
森 敬洋(立命館大学大学院 先端総合学術研究科)
15:30 休憩
15:45 発表5
「自治体史等の地域資料のデジタル化の進展とオープン化―横浜市の事例から―」
長塚 隆(鶴見大学名誉教授)
16:10 発表6
「A comparative report of deep features and human perception」
Wei Zhenao (College of Information Science and Engineering, Ritsumeikan University)
16:35 閉会挨拶
17:00 懇親会

[イベント情報]
January 15, 2020(Wed)

アート・リサーチセンターにて講演会を開催いたします。

「Surrealism in Music」

講師: イワン・イワノフ Ivan Ivanov Ph.D. (ネバダ大学講師/クラリネット奏者)

2020年1月15日(水) 13:00-14:30
【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム

参加無料(予約不要)

[主催] 立命館大学アート・リサーチセンター、先端総合学術研究科院生プロジェクト「音楽と社会」研究会

続きを読む>>

[イベント情報]
January 6, 2020(Mon)

深読み役者絵展

【会期】 2020年1月6日(月)-1月24日(金)
【時間】 9:30~17:00
※土・日・祝は休館いたします。
★1月18日(土)のみ開館いたします。
13:00~13:45 ギャラリートーク 担当者による会場での解説
14:00~16:00(終了予定)原版板木による摺り実演
【会場】 立命館大学衣笠キャンパス アート・リサーチセンター1階 閲覧室
【Web展示】 https://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/vm/2019UKIYOE2/

入場料無料

主催: 立命館大学アート・リサーチセンター
企画: 立命館大学日本文化情報学専攻 芸術ゼミ

[イベント情報]
December 18, 2019(Wed)

第65回 [特別編] 国際ARCセミナーは、Mohamed Soliman先生をお迎えして開催いたします。

"Delineation of Ancient Alexandria for Sustaining the Cultural Heritage:
Approach of Remote Sensing, GPR and GIS for Sustainable Development"

講師: Mohamed Soliman(National Research Institute of Astronomy and Geophysics)

2019年12月18日(水) 18:00-19:30
【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム
参加無料(予約不要)

[共催] 立命館大学アート・リサーチセンター

続きを読む>>

[イベント情報]
December 14, 2019(Sat)

アート・リサーチセンターが共催するイベント、人文科学とコンピュータシンポジウム(じんもんこん2019)が開催されます。
今年度のテーマは「デジタルアーカイブの新たな挑戦ー人文・芸術・文化資源の活用と創生ー」です。
ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

人文科学とコンピューターシンポジウム
デジタルアーカイブの新たな挑戦 - 人文・芸術・文化資源の活用と創生

2019年12月14日(土)・15日(日)
立命館大学 大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)
主催: 情報処理学会 (IPSJ) 人文科学とコンピュータ研究会 (SIG-CH)
共催: 立命館大学アート・リサーチセンター、日本学術会議 総合工学委員会 科学的知見の創出に資する可視化分科会
後援: アート・ドキュメンテーション学会、情報メディア学会、人文系データベース協議会、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会、電子情報通信学会、日本アーカイブズ学会、日本計算機統計学会、日本行動計量学会、日本統計学会、日本図書館情報学会、日本デジタル・ヒューマニティーズ学会、デジタルアーカイブ学会、記録管理学会、情報知識学会

詳細はこちら→じんもんこん2019


連携開催
公開シンポジウム
「科学的知見の創出に関する可視化(3):新しい文理融合研究を創出する可視化」

2019年12月15日(日)13:00-16:00
立命館大学 大阪いばらきキャンパス フューチャープラザ/B棟 カンファレンスホール
入場無料、事前申し込み不要
主催: 日本学術会議 総合工学委員会 科学的知見の創出に資する可視化分科会
続きを読む>>

[イベント情報]
December 4, 2019(Wed)

第64回 [特別編] ARCセミナーは、産業社会学部准教授の樋口耕一先生をお迎えして開催いたします。

「計量テキスト分析およびKH Coderへの導入」

講師: 樋口耕一(立命館大学 産業社会学部 准教授)

2019年12月4日(水) 13:00-14:30 ※開始時間がいつもと異なりますので、ご注意下さい。
【衣笠】立命館大学アート・リサーチセンター2F 多目的ルーム

参加無料(予約不要)

[主催] 立命館大学アート・リサーチセンター

[イベント情報]
November 10, 2019(Sun)

2019 IAPWシンポジウム
Preservation and Promotion of Printing Woodblocks in the Digital Era

日時: 2019年11月10日(日) 10:30~12:05(10:00開場)
会場: 立命館大学平井嘉一郎記念図書館カンファレンスルーム

事前申し込み不要/参加費無料

※椅子席には限りがございます(一般席は30名程度)。混雑の場合はご容赦ください。

[共催]

International Association for Printing Woodblocks(IAPW)
立命館大学アート・リサーチセンター文部科学省 国際共同利用・共同研究拠点「日本文化資源デジタル・アーカイブ国際共同研究拠点」
立命館大学 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(日本文化資源のグローバルアクション)
立命館大学アジア・日本研究推進プログラム「『アジア芸術学』の創成」
人間文化研究機構広領域連携型基幹研究プロジェクト「アジアにおける「エコヘルス」研究の新展開」(「アジアの中の日本古典籍:医学・理学・農学書を中心として」ユニット)
韓国国学振興院
※なお、講演の一部は科研費19K00308により実施されます。

[問い合わせ]
立命館大学 研究部 衣笠リサーチオフィス内 アート・リサーチセンター事務局
担当:中村、河崎
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
TEL: 075-465-8476(9:00~17:30) e-mail: arc-jimu■arc.ritsumei.ac.jp(■を@に変更して下さい)
続きを読む>>

1 2