金糸桃

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

びょうやなぎ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

一に未央柳に作る、唐玄宗皇帝の未央宮のに起るか、金糸桃科の灌木で、高さ二三尺、葉は柳に似、末円く対生し、梅雨の頃開花す、形桃の花に似て黄色、蕊も黄色で長く糸の如し、金糸桃の名こゝに起る。

咲き出でも未央柳のたよ/\と  蛇足

近頃間々花鳥画として描かる。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)