虞美人

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ぐびじん


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

楚王項羽が愛人なり。項羽の条を見るべし。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

楚王項羽の寵妃、項羽垓下に敗れて咸陽宮に帰るや、漢の兵これを囲むこと幾重、四面皆楚歌、羽驚いて帳中に虞氏と別盃を挙げ、虞氏をして舞はしめ、自ら歌つて曰く

力抜山兮気蓋世、時不利兮騅不逝、騅不逝兮可奈何、虞兮虞兮奈若何。

と、項羽八百の兵を率ひて城を出づるや虞氏は、心静かに其場に自刃した。  (史記項羽本紀)

「和漢朗泳集』詠史部に曰く

灯暗数行虞氏涙、夜深四面楚歌声。

と。(項羽を見よ)

これを画いた作に安田靫彦の『項羽』がある。(第三回日本美術院出品)又『芥子園画伝』にその画像を載す。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)