蘇州

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

そしゅう


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

支那江蘇省の治城で、南京の東南、上海の西に位し、一に姑蘇といふ。地勢は北に長江を負ひ、南に大湖に臨み、運河中央を貫流し、府城は此の運河に臨む、伝へ云ふ呉王闔閭、伍子胥をして此処に城を築かしむと、隋の開皇の初め、改めて蘇州といひそれからも幾多の変遷があつた。名勝旧跡極めて多く、城外の虞山は昔虞仲の居所、姑蘇台は呉県の西三十清里、呉王闔閭の営する所、虎邱は闔閭を葬る処、城外西十清里の寒山寺張継楓橋夜泊の詩に名高く、此の外、留園北寺の塔、玄妙観、宝帯橋などがある。

こそ「姑蘇」の項も参照。

蘇州を画ける作。

竹内栖鳳筆  『蘇州双塔寺』  第九回淡交会出品

同      『蘇州街路』   同

岡田雪窓筆  『蘇州の夏』   第十一回文展出品

林文塘筆   『蘇州二題』   第十二回文展出品

竹内四郎筆  『蘇州風景』   第三回帝展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)