竹林山水

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ちくりんさんすい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

竹林を主とせる山水画の総称なり、南宋夏珪筆(浅野侯爵所蔵)あり、伝江蔵主筆(岩崎男爵所蔵)あり、高橋草坪筆(伊藤公爵所蔵)あり、田能村竹田、貫名海屋の図する亦少しとせず。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

竹林を主とする山水画で、和漢共に其例乏しからず、岩崎男爵家には来復の賛ある竹林山水の名幅があり、山本梅逸の『畳泉密竹図』竹田の『竹林歩月』の如き代表的の名作であり、竹の名家、檀芝瑞にもこれがある。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


竹林を主とした山水で、風雨煙霧種々の相があり、万竿煙雨、畳泉密竹、竹径歩月、其他枚挙に遑もない。

明画伝法蔵主筆           岩崎男爵家蔵

狩野探幽筆    『竹林虎襖絵』  京都南禅寺蔵

山本梅逸筆    『畳泉密竹』   大辻家旧蔵

円山応挙筆    『竹林屏風』   京都円光寺蔵

与謝蕪村筆    『竹林幽隠図』  京都東本願寺旧蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


さんすいが「山水画」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)