竹外一枝

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ちくがいいっし


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

竹林の中から、が一枝横はつてゐる処を画いたもの、これは蘇東坡の『和秦太虚梅花詩』の詩中

江頭千樹春欲闇、竹外一枝斜更好。

とあるのから出て、諸家に作が多いが、竹田にも名作があり、その自題に曰く

竹外一枝斜、坡翁道得好、更看夜深後、孤月来相照。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


たけ「」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)