検非違使

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

けびいし


総合


歌舞伎

文楽人形の中年の男のかしら。 塗色は白で、きりっとした長い立眉の引き締った端正な顔は、腹の据った深い智謀の人物を思わせ る。時代物世話物の実役に広く用いられるが、眉の上下と眠り眼・寄り眼の区別により 役柄が分れる。たとえば、「菅原伝授手習鑑」の武部源蔵は眉の上下と眠り眼のもの、「絵本太功記」の真柴久吉は眠り眼のもの、「ひらかな盛衰記」の畠山重忠は眉の上下と寄り眼のも のなど。 検非違使というのは平安時代の役人で、今の裁判官と警察官とを兼ねた職。かしらの名は「用明天皇職人鑑」の検非違使勝船から出ている。