枯木竹石

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

こぼくちくせき


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

枯木に添ふるに竹石を以てする、ともに筆致を楽しむもの、南画家の好んで画くところの画題である。

渡辺崋山筆  河田烈氏蔵

田崎草雲筆  山根氏旧蔵

谷文晁筆   同

文晁筆には左の賛がある

脩篁与古木、白石共三清、日暮空山裏、無人知此情。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


枯木にと石を配す、文人画家の極めて普通に画かるゝ処である、作例枚挙に遑もない。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)