竹石

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ちくせき


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

竹と石を配して竹石とするは、南画家の好題目とせる所にして、画かるゝもの最も多し、古くは宋代の円悟の作著はる、今伝はるもの、

近衛家旧蔵梅道人筆、佐竹侯爵旧蔵顧伯高筆等あり、本朝に於ては早川周造氏所蔵立原杏所筆などを初め諸家の画多し。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

に石を配したもの、南画文人画の好画題として画かるゝもの極めて多い。

檀芝瑞筆   紀州徳川家旧蔵

梅道人筆   近衛公爵家蔵

雲華上人筆  岸上氏旧蔵

顧伯高筆   池田侯爵家旧蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


たけ「」の項を見よ。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)