四睡

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

しすい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

在るもの皆睡に就き、天地静寂、禅界の妙悟証空の帰著を示せるものを図に表はしたるなり、豊干禅師及寒山拾得併に虎の四者の睡れるを画くを例とすれども、或は羅漢、侍童及龍虎の睡れるを写せるものなり、其他変態のものも少しとせず。

宋顔輝筆(山城龍光院所蔵)、

相阿弥筆(稲垣子爵所蔵)、

狩野雅樂之助筆(団琢磨氏所蔵)、

狩野探幽筆三幅対(前田候爵所蔵)

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

豊干禅師、と共に睡り、傍に寒山拾得また睡る図に題す、蓋し天地静寂、禅界の妙悟証空の帰着を示したもの、時に羅漢、侍童竜虎の四睡もある。

顔輝筆      山城韶光院蔵

相阿弥筆     稲垣子爵家蔵

狩野雅楽之助筆  団伊能氏蔵

松花堂筆     松本双軒庵旧蔵

芸阿弥筆     川崎男爵家旧蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)