人情噺文七元結

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

にんじょうばなしぶんしちもつとい


総合


歌舞伎

牡丹燈籠、塩原多助、累ヶ淵等と同じく、三遊亭円朝の人情噺を、榎戸賢治が脚色し、明治三十五年、五世尾上菊五郎によって初演された。登場人物がすべて善人というのがおもしろく、六世菊五郎から三世市川左団次のだし物となっている。 左官長兵衛は、娘お久を売った血の出るような金を、盗まれたと思いこんで身を投げようとしたお店者文七に、たたきつけるように与えて帰った。後に文七の主人の情でうけ出されたお久と夫婦となった文七は、新工夫の元結を、文七元結と銘打って売出すこととなった。