一品大夫

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

いっぽんたいふ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

謎話画題の一なり、松鶴の図をいう。一品は鶴、大夫は松を表わすなり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

松樹に丹頂を画く、一品は支那に於ける文官の位で、此の位のものゝ装束にはが織出してあるので、一品即ち鶴を意味し、大夫は、昔秦始皇帝、松に大夫の位を授けたといふ故事から来ている。「」の項を見よ(五大夫

松に鶴は、松鶴図としても画かるゝ処極めて多く枚挙に遑もない。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


に鶴を配した謎語画題である、一品は鶴のこと、(つる「」の項を見よ)大夫は松のこと、後(五大夫)に出づ。

南画家の能く画くところである。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)