てんつつ

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

てんつつ


総合


歌舞伎

下座音楽。「道成寺」の鞠唄から出たもので、世話物で人物が出入りする時に使う。二上りで、立三味編が替手を弾き、ワキ以下が地をテンツツツツと弾くからこの名が生れた。「仮名手本忠臣蔵」六段目の一文字屋の出入りなど。