龐士元

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

ほうしげん


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

龐士元は支那三国の世の人なり。名は統、襄陽の逸民、後劉備に仕ふ。劉備之を重用し親待する諸葛孔明に次げり。世に孔明と共に蜀の二賢と称す。。献替する所頗る多し、梁楷之を豊く所あり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

支那三国時代の軍師、名は統、士元は其の字、蜀漢襄陽の人、劉備玄徳元を重用すること諸葛亮孔明に次ぐ、世人孔明と共に蜀の二賢と称した。

瑯琊諸葛亮、寓居襄陽隆中、毎自比管仲楽毅、備訪士於司馬徴、徽曰、「識時務者在俊傑、此間自有伏竜鳳雛、諸葛孔明、龐士元也。  (十八史略)

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)