黄櫨

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

はぜ


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

漆科に属する落葉喬木で、はじのき、蝋の樹などと呼ぶ、本州の暖地に多く、葉は奇数羽状複葉、光沢ある披針形の小葉から成り、春芽先は淡紅葉で美しく緑葉となり、秋に至りまた紅葉す、五六月頃葉腋黄緑色の小花を綴り、雌雄異様であるが、時に一株中に雌雄の花を生ずるものもある、果実より蝋を取る、黄櫨染は此の材を以て染たもの。

堅山南風筆  『霜月頃』   第六回文展出品

大村広陽筆  『はぜの本』  第十一回文展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)