鳥居清長

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

鳥居 清長(とりい きよなが)は江戸時代の浮世絵師。白子屋市兵衛の子。 宝暦2年(1752年) - 文化12年5月21日(1815年6月28日)没とされる。

 鳥居派の代表的な絵師で、役者絵を専門とする画派。美人画では、八頭身でどっしりとした体つきの健康的な女性像を描いて知られる。