高士観瀑

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

こうしかんばく


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

高節の士の瀑布を観るの図にして、塵世を離れて自然の大観に対するさまを画とせるものなり。支那日本共に古くより之を好個の画題となす。一二の作例左の如し。

夏珪筆(赤星氏旧蔵)、戴文進筆(原富太郎氏所蔵)、狩野元信筆(団琢磨氏所蔵)、渡辺崋山筆(三河金子氏所蔵)

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

高士の岩に倚つて鞺鞳落下する飛瀑を観るの図、李白の如きよく観瀑を図せらる。

たき「」の項参照。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


高士が世塵を離れ、山中の名瀑を観、悠々自適するの図、古来描かるゝもの極めて多い。

戴文進筆      原富太郎氏蔵

狩野元信筆     団伊能氏蔵

渡辺崋山筆     波多野古渓氏旧蔵

長吉筆       伊達伯爵家旧蔵

宗祐筆 (重美)  岩崎男爵家蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)