饗庭篁村

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

あえばこうそん


総合


歌舞伎

竹の屋の号で知られた小説家、劇評家。本名は与三郎。安政二年江戸に生まれ、大正十一年没。明治七年読売新聞社に入社し、小説を書いて文壇に認められ、後に東京朝日新聞社に入社し、劇評の筆をとった。古い形式でがあるが、高い見識を持ち、竹の屋の評として重んぜられた。小説集「むら竹」、「竹の屋劇評集」などがある。