飲中八仙

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

いんちゆうはっせん


画題

画像(Open)


解説

(分類:中国)

画題辞典

唐代の雅客酒に耽るもの八人の称なり、賀知章、汝陽王、李適之、崔宗之、蘇晋、李太白、張旭、焦遂。杜甫に飲中八仙歌あり「知章騎馬似乗船、眼花落井水底眠、汝陽三斗始朝天、道逢麹車口流涎、不移封向酒泉、左相日興費万錢、飲如長鯨吸百川、銜杯樂聖称避賢、宗之瀟洒美少年、挙觴白眼望晴天、皎如玉樹臨風前、蘇晋長斎繍仏前、酔中往々愛逃禅、李白一斗詩百篇、長安市上酒家眠、天子呼来不上船、自称臣是酒中仙、張旭三杯艸聖伝、脱帽露頂王公前、揮毫落紙如雲煙、焦遂五斗方卓然、高談雄辮驚二四筵。」之を画くもの、

古くは雪村、近くは曽我蕭白、円山応挙、谷文晁、柴田義董等あり。

又前田侯爵所蔵に大雅堂筆の巻物あり、世に知らる。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

支那唐時代に於ける雅人にして酒を愛するもの八人を称す、曰く

賀知章、汝陽王、李適之、崔宗之、蘇晋、李太白、張旭、焦遂

で、杜甫に『飲中八仙歌』がある。

      飲中八仙歌

知章乗馬似乗船、眼花落井水底眠、汝陽三斗始朝天、道逢麹車口流涎、恨不移封向酒泉、左相日興費万銭、飲如長鯨吸百川、御盃楽聖称世賢、宗之瀟灑美少年、挙觴白眼望青天、皎如玉樹臨風前、蘇晋長斎繍仏前、酔中往々愛逃禅、李白一斗詩百篇、長安市上酒家眠、天子呼来不上船、自称臣是酒中仙、張旭三盃草聖伝、脱帽露頂王公前、揮毫落紙如雲煙、焦遂五斗方卓然、高談雌弁驚四筵。

『飲中八仙』を画けるものゝ中から、主なものを二三挙げる。

大雅堂  飲中八仙画巻   今井伍一郎氏旧蔵

富田渓仙筆           覚道次郎左衛門氏蔵

島田墨仙筆   『焦遂雄弁』  第五回日本南画院出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)