雪景山水

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

せっけいさんすい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

山水画の一にして、六花万里、万樹瓊瑤、山川風物都べて白尽せる景を図せるものゝ汎称るり、古来名画多きが中にも

伝宋徽宗皇帝筆(京都金地院所蔵)、宋梁楷筆(赤星鉄馬氏旧蔵)、梁楷筆(酒井伯爵所蔵)、明朱端筆(京都曼珠院所蔵)、楊遜筆(東京帝室博物館所蔵)、雪舟筆(田中伯爵所蔵)、同(京都曼珠院所蔵)、狩野元信筆六点(京都霊雲院所蔵)等特に知られたるものなり。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

満目皚々、山川風物悉くに粧はれたる景例へば、瀟湘八景の中の江天暮雪の如きそれである。描かるゝもの少くない。

朱端筆     (国宝)        京都曼殊院蔵

雪舟筆     (国宝)(夏と対)  同

伝王維筆               清国内府旧蔵

伝徽宗皇帝筆  (国宝)(秋と対)  京都金地院蔵

梁楷筆               赤星鉄馬氏旧蔵

此の外枚挙に遑もない。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)