雁来紅

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

がんらいこう


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

莧科に属する植物で亜細亜を原産とする、鶏頭の一種であるが葉が美しく紅葉する所から葉鶏頭の名があり、の来る頃色づくので雁来紅、また『かまつか』といふ、『枕草子』に

わざととりたてゝ、人めかすべきにもあらぬさまなれど、雁来草の花はらうたげなり名ぞうたてげなる、かりのくる花と文字には書きたる

とある、十様錦の名もあり、品種の中には『老少年』と呼ばれるものもある、花が長く紐のやうに垂れる。

雁来紅を画いた作

椿椿山筆   『秋草雄雉』  山内香雪斎旧蔵

沈南蘋筆   『雁木紅猫』  川崎長春閣蔵

小室翠雲筆  『秋圃』    第一回帝展出品

阿部春邦筆  『雁来紅』   第七回文展出品

榊原苔山筆  『同』 ´   第十二回文展出品

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)