閑吟集

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

閑吟集(かんぎんしゅう)は日本の歌謡集。  ある桑門(世捨て人)によってまとめられた歌謡集。永正15年(1518年)にまとめられる。当時の刹那的な雰囲気や無常観など、室町びとが感情を託して歌った311首がおさめられている。  「なにせうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」  「世の中は ちろりに過ぐる ちろりちろり」など