長谷川伸

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

はせがわしん


総合


歌舞伎

瞼の母」で知られた小説家、劇作家。本名伸二郎。 明治十七年横浜の生まれ。独学で、大正の末より捕物を書き、昭和のはじめより戯曲にも筆をそめて「一本刀土俵入」「沓掛時次郎」などを書き、股旅物の創始者として名をあげた。少年のころよりさまざま人生の苦労をした彼は、好んで庶民の義理人情の美しさを描いている。