鍾山帰隠

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

しょうざんきいん


画題

画像(Open)


解説

東洋画題綜覧

王荊公(安石)が鍾山に隠棲したことをいふその鍾山を詠じた詩中に曰く、『霜松雪竹鍾山寺、投老帰欲寄此先』と。  (後素集)

     鍾山即事     王安石

澗水無声繞竹流、竹西花草弄春柔、茅檐相対坐終日、一鳥不鳴山更幽。

おうあんせき「王安石」の項参照。

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)