金沢八景

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

かなざわはっけい


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

金澤は武蔵国久良岐郡の南端にあり。東南に海を擁し、背後に連峯を負い、山水二つながら風色備わる、その光景恰も大明の西湖に似たりとて、心越禅師曽つて八勝を選ぶ、即ち左の如し。洲崎晴嵐、瀬戸秋月、小泉夜雨、乙艫帰帆、称名晩鐘、平潟落雁、内川暮雪、野島夕照、屡々画材となる。尚、同地に称名寺の伽藍あり、その条を見るべし。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

金沢は神奈川県久良岐郡の南端にあつて、東南海に面し背後に連峰を負ひ風致面白く、湘南の名跡である。『江戸名所図会』に曰く

此地は六浦荘の内なり、吉田兼好法師も此地に住れたりし事家集に見えたり、尭恵法師の北国紀行にも、神異絶妙の勝地なりと称せられたり、往古巨勢金岡、此地の勝景を摸し画かむとし、及ばずして筆を投じ嘆賞す、大明心越禅師は、其佳景西湖に似たりとて、其八勝に准擬し八詠の詩賦あり

     洲崎晴嵐

滔々驟浪歛余暉、滾々狂波遶竹扉、市後日斜人静悄、行雲流水自依依。

     瀬戸秋月

清瀬涓々不繋舟、風伝虚籟正中秋、広寒桂子香飄処、共看氷輪島際浮。

     小泉夜雨

暮雨凄涼夢亦驚、甘泉洞々聴分明、蓬窓淹蹇無相識、腸断君山鉄笛声。

     乙艫帰帆

朝宗万派遠連天、無恙軽帆掛日辺、款乃高歌落雲外、依稀数艇到洲前。

     称名晩鐘

夙昔名藍成覚地、華鐘晩控若鯨音、幽明聞者咸生悟、一片迷離祇樹林。

     平潟落雁

列陣沖冥堪入塞、荻芦蕭瑟幾成隊、飛鳴宿食恁楼遅、千里伝書誰不愛。

     内川暮雪

広陌長堤竟没潜、奇花六出以舗縑、渾然玉砌山河色、遍覆危峰露些尖。

     野島夕照

独羨漁翁是作家、持竿盪漿日西斜、網得魚来沽酒飲、披簑高臥任堪誇。

武州金沢擲筆山能見堂、有瀟湘八景之風味因観鎌倉志甚詳、一夕寥々対青橙、漫賦八景之陋句、以識斯勝境云、歳執除夏日  東皐 越杜多草

金沢八景を画いたものに左の作がある。

一立斎広重筆  武陽金沢八勝夜景

長谷川雪旦筆  江戸名所図会所載

近藤清春筆   清水源泉堂旧蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)