金剛夜叉

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

こんごうやしゃ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

金剛夜叉明王の略にして、仏教の五大尊明王の一なり。北方に住す、三面六臂の忿怒身にして弓、箭、刀、輪、鈴、杵を執り、火焔に包まる、一切の可畏夜叉を摧伏すという。本地は釈迦如来なり、尚、五大尊明王の条参照すべし。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

金剛夜叉は金剛夜叉明王の略、五大尊の一にして三面六臀の忿怒相、五大尊中北方に立てるもの即ち是である、夜叉とは梵語ヤクシヤで新訳には薬叉といふ、勇健或は暴悪の義。  (仏教辞林)

金剛夜叉明王の像の国宝に指定されたのは左の作である。

伝空海筆絹本着色  京都醍醐三宝院蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)