野馬

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

やば


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

原野に放養さるゝ馬の図、即ち野馬にして、古來各家の寫せるものなり。雪舟筆馬巻物(東京美術學校所蔵)雪舟筆三疋馬(秋元子爵旧蔵)狩野山楽筆野馬図(京都九鬼氏所蔵)狩野山楽筆野馬屏風(佐竹侯爵所蔵)狩野山楽筆野馬雙幅(原六郎氏所蔵)謝蕪村筆野馬屏風(京都帝室博物館所蔵)蕪村最も好んで野馬を画く、本図の外各家所蔵極めて多し。尚百馬等の條参照すべし。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

原野に放たれてゐる野馬を描くもの、一頭なるあり、二頭を画いて双馬と題するもあり、群馬として画いたものもある、牧馬の項参照。

狩野探幽筆  『野馬図』   青山子爵家旧蔵

狩野山楽筆  『野馬屏風』  佐竹侯爵家旧蔵

与謝蕪村筆  『野馬屏風』  京都恩賜博物館蔵

雪舟筆    『野馬図巻』  東京美術学校蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)


うま「」の項を見よ。      

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)