豊竹山城少掾

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

とよたけやましろのしょうじょう


総合


歌舞伎

義太夫節の語り手。文楽座因(ちなみ)会派の代表者。芸術院会員。本名は金杉弥太郎。 明治十一年東京に生まれた。二世竹本津太夫の門人で、同四十二年二世豊竹古靫太夫を襲名。のち文楽座の紋下となり、昭和二十二年秩父宮家から山城少掾の掾号を授与され、三十年には重要無形文化財保持者に認定された。優雅な、節まわし、写実的芸風は山城風ともいわれる。