読立て

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

よみたて


総合


歌舞伎

 天保の改革前までは、江戸の劇場で初日前に、木戸の前で木戸芸者が2人で「大名題」「小名題」「浄瑠璃名題」、さらには「役人替名」を、巻き物を広げながら読上げたことを指す。そのあと、役者の声色をつかって往来の群衆を喜ばせ、宣伝を行った。