藤屋伊左衛門

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

廓文章」の主人公の名前。 大坂の夕霧の遊女を相方とする藤屋の若旦那で、七百巻目の金を使ったため親に勘当されて、編笠と紙衣の「やつし」姿で現れる。上方和事の代表的な役。