藤原義孝

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

(?-974)平安時代の歌人。一條摂政伊尹の子。天禄二年左近少将に進んだ。天延二年疱瘡にかかり、兄と同日に没した。道心が深く、臨終に方便品を読誦したことが『大鏡』に見られる。和歌は『拾遺集』以下の勅撰集に十首ばかり見え、家集『藤原義孝集』一巻(『群書類従』巻二四九)があって歌數七十七首。



『日本人名大事典』 平凡社1938年