藤原基任

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

阿野廉子が吉野の宮から忍んで京都の行き、また吉野に戻るとき、基任は右衛門太夫としてお供していた。

高師直はかねてからこの君(廉子)の容貌が美しいことから懸想していたため、これ幸いに奪おうと人を連れ狼藉に及ぼうとしたが、基任がどうにか防ぎ、廉子はなんとか戻ることができた。

しかし、基任はこの時討ち死にしてしまった。


<参考文献>

『吉野拾遺詳解』中邨秋香 博文館 1899