蓮鷺

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

れんろ


画題

画像(Open)


解説

画題辞典

蓮花に鷺を配して図するは、花鳥画家の古来屡々試むる所なり。墨絵蓮鷺藻魚図佛壇小襖貼付八面(京都大徳寺聚光院所蔵国宝)徐凞筆(京都知恩院所蔵)    牧渓筆(某氏所蔵)筆者不明明画(東京帝室博物館所蔵)邊文進筆(京都孤蓬庵所蔵)   黙庵筆(池田侯爵旧蔵)勝田竹翁筆(東京帝室博物館所蔵)その他近代作家の筆極めて多し。

(『画題辞典』斎藤隆三)

東洋画題綜覧

夏の画題としては開花したに白鷺を点出し、冬の画題には敗荷にを描いたりしてゐる、狩野派などの隈描きなど東洋画の一特色として残つてゐる。

狩野元信筆  越前松平家旧蔵

伝辺景昭筆  大徳寺孤蓬庵蔵

顧徳謙筆   井上侯爵家旧蔵

高橋草坪筆  小坂順造氏旧蔵

(『東洋画題綜覧』金井紫雲)