蒲原宿

提供: ArtWiki
移動: 案内検索

総合

かんばら

江戸から15番目の宿場。東海道五十三對では国芳が『浄瑠璃姫物語』を題材に絵を描いている。

005-0371.jpg

絵師:国芳

彫師:-

改印:村


【翻刻】六本松の故事

むかし矢矧の浄瑠璃姫 判官殿を恋い慕ふてここまで到り 疲れて終に死す 里人憐みて葬り 塚の即に松を六本植置たり 後 小野お通といへる風流の妓女 此姫の生涯の事を書つらね十二段とし薩摩といへる傀儡師に教て節を付 語せける 是浄るりの中祖也